無酸素運動とダイエット

ダイエットをしたいなら「有酸素運動」が効果的とよく言われます。
「無酸素運動」についてはあまり触れられていませんが、今回は無酸素運動について調べてみました。

無酸素運動とは、筋力トレーニング、俗に言う「筋トレ」のことを言います。
この無酸素運動を行うことで速筋が肥大するので、ある程度鍛えて筋肉を大きくすれば基礎代謝がアップし恩恵を受けることになるので、太りにくい体質になります。
基礎代謝が多い人やもともと筋肉の量が多い人ほど体重が早く落ちるのです。

しかし無酸素運動を継続して行っても、体脂肪は減っても殆どの人は体重に変化が見られません。
これは脂肪が減少しても、その代わりに筋肉が多くつくので、体重がほとんど変わらなかったり、逆に増えてしまうからです。

しかも無酸素運動の場合は、有酸素運動や食事制限に比べて、基礎代謝にダイエットの効果が依存するため、効果があらわれにくくなります。

無酸素運動は、脂肪を落として体重を落とすことに重点が置かれているのではなく、筋肉をつけて太りにくい体を作ることが目的です。
ですからダイエットにおいての無酸素運動は、全く意味がないということではありません。

太りにくい体を作りたい方は、無酸素運動を取り入れてダイエットをはじめてみてはいかがでしょうか。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。