金魚運動ダイエット

一昔前になってしまいますが、金魚運動の機械が流行りましたね。

その時はダイエットになるということしか頭になかったのですが、そもそも金魚運動とはどのような運動なのでしょうか。

この金魚運動のやり方についてですが、まず枕をしていない状態であおむけになり、足先をピッタリとそろえて出来るだけ反ります。
膝の後ろを伸ばすようにして、両手は頚椎第三、第四の下で組みます。
そして金魚が動いているような感じで体を左右水平に震わせます。
一回1〜2分、できれば4〜5分行います。

実はこれを行うことにより、脊柱の左右の狂いが治るのだそうです。
脊椎骨の副脱臼が矯正され、脊髄神経・交感神経・副交感神経の機能が調整されるのです。
また、腸を生理的な位置に戻してくれるので、腸閉塞や捻転、癒着などの防止にも効果的です。

体の横は胃腸のツボが多く集まっている場所です。
ですから横方向にスイングする運動によってツボが刺激され、胃腸の働きが活発になり、便通で悩んでいる方や胃腸の気になる方に大変良いそうです。
しかも腹痛の時には即効性があるのだそうです。

この運動は有酸素運動になるのでダイエットとしても良いと注目されました。
一人ではなかなかできない運動ですが、現在では金魚運動専用の運動器具があるため、自宅で一人でも簡単にできるようになっています。

この運動を誰かにやってあげる場合は、足首を持ってかかとと体を付け、自分の体ごと振動する方法で行いましょう。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。