アイスダンベルダイエット

アイスダンベルダイエットとは、冷たく凍らせたダンベルを使ったダイエットのことです。
このダイエットで必要な器具は、水を入れて重さを調節出来るダンベルです。
ペットボトルで代用も出来ますが、普通の鉄アレイのダンベルは凍らせることが出来ないのでこのダイエットでは使用できません。

冷たいダンベルを手に持つことによって、血液の循環が上がり新陳代謝がアップします。
新陳代謝がアップした状態でエクササイズをすると、脂肪燃焼効果が上がりダイエットに効果的というわけです。

まず、ダンベル器具やペットボトルに水をいれ、冷凍庫で凍らせます。
凍ったダンベルを持つことによって、手先は冷えてきます。
そうなると、体は熱を取り戻すために働きます。
そして、手が冷たくなってきたらダンベルを休憩し、体がポカポカと温まってきたら再開するというのを繰り返し行います。
エクササイズの時間は、ダンベルを持って30秒、ダンベルを休憩して1分程度です。
これを何回も繰り返すことでダイエット効果がグンとアップします。
また、力を入れる(持ち上げる)ときは呼吸を吐き、力を抜く(下げる)ときは呼吸を吸いましょう。
この時に腹式呼吸をすると、効果が倍増します。

アイスダンベルダイエットは、1日に何度もやる必要はありません。
本が売っていますが、パソコンでも見られますので是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。