踏み台昇降

踏み台昇降とは、スポーツテストなどでおなじみの踏み台を昇り降りする運動です。

踏み台昇降は基本的に、有酸素運動をしつつ、大腰筋、大腿四頭筋、腹筋、背筋、大殿筋を同時に鍛える運動ですが、自分で運動強度が簡単に調整できるのが魅力です。

下半身の筋肉も鍛えられるので、下半身痩せにもとても良い運動と言えると思います。
そして有酸素運動は、ダイエットだけでなく、心身ともに健康になれるのが良い所と言えるでしょう。

運動系のダイエットのため、基礎代謝を上げ、リバウンドしにくい身体にもなれます。
そして健康への意識が高まったり、自律神経のバランスも整うので、睡眠や便秘などの悩みの解決につながる事も多いようです。

それではその踏み台昇降の準備ですが、踏み台は5cm〜30cmくらいのものを用意します。
有酸素運動を目的にスラッとした身体になりたいなら5〜15cmの低い台に、脚に筋肉をつけ立派な脚を目指すなら15cm以上の高さが適しているそうです。
身長と自分の身体を考慮して高さを選ぶのが良いようですが、ほとんどの女性の場合10cm程度までにしておくのが無難なようです。

もし物足りないと感じるなら、高さを上げるのではなく、時間を延長する、腕を振る、テンポアップする、ダンベルを持つ、足幅を前後に広げるなど、工夫すると良いでしょう。

踏み台の作り方としては、雑誌や通販カタログ、週刊漫画雑誌などをガムテープでぐるぐる巻きにする、ダンボールに雑誌などを詰める、ホームセンターなどの「靴脱台」、「便利棚」、「足の高いすのこ」などを利用する、コピー用紙の束をクラフト紙などで巻いて、子供用の風呂用椅子、子供用の椅子、エクササイズ用のステップ台、階段を使用するなど様々です。

実際に使ってみてすべりやすい場合などは、台の下にシートなどを敷くと良いでしょう。
踏み台昇降をやる時間は、いつでも時間を見つけて行う事です。
ただし、食後1時間は避け、運動後1時間以内の食事も控えた方が良いそうです。

また踏み台昇降はひじや腰に不安のある方が行うと、更に痛めてしまう場合などもあります。
いきなり高い負荷などでは絶対に行わないようにする事が大切です。
痛みが出てきたら即刻中止し、足腰に負担の少ない水泳などに運動を変更したほうが良いようです。

踏み台昇降の利点といえば、お金がかからず、自宅で手軽に行えるという事でしょうか。
天候・気候に左右されませんし、テレビなどを楽しみながらでも出来ます。
お化粧や服装を気にしなくてもよく、ダイエットが知り合いにばれることもありません。

踏み台昇降では、体重の変化はすぐには現れませんが、体重変化の前にこれから挙げるような効果が出るそうです。
走ったりしても息切れしなくなった、全身が少しずつ引き締まった、ウエストが高い位置でくびれはじめた、よく眠れるようになった、
便秘しにくくなった、セルライトが減ってきた、汗が出るようになった、体脂肪が減ってきた、姿勢が良くなったなどがあります。

踏み台昇降は効果が現れるまでに時間がかかるようですが、長く続ければ必ず効果が現れてくるようです。
下半身痩せ、ダイエットは、マイペースに根気良く続けることにより必ず結果が出るのではと思います。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。