原因別セルライト

セルライトは、主に女性の腹部、お尻、太ももなどに不均一かつブロック状に存在するといわれる皮下脂肪です。

美容業界、健康食品業界において盛んに用いられていますが、医学用語ではなく、また医学的にも存在は確認されていないようです。

セルライトという言葉は、フランスで生まれたと言われています。
1973年、ニューヨークのエステサロンの経営者がセルライトについての本を書きベストセラーになったことから一般に広く知られるようになったそうです。

日本にその情報が入ってきた時期は定かではないそうですが、日経産業新聞の1996年の記事でセルライトが紹介されていて、 特にテレビ番組などを通じて2000年代以降日本でも一般に流布するようになったようです。

セルライトと通常の皮下脂肪の違いについては、セルライトは体外に排泄されなかった余分な老廃物や水分が、皮下脂肪に溜まったものとされていますが、科学的検証はまだ不十分だそうです。

成人女性の8割の人にあるといわれ、ダイエットしてもなかなかとれにくく下半身痩せの妨げにもなりやすいセルライトは、その原因により、主に「代謝低下型」、「食事問題型」、「運動不足型」、「環境要因型」の4つに分けられるそうです。

「代謝低下型」にあてはまる人は食べないダイエットを繰り返し、肉体年齢が実年齢を上回っており、筋肉量が少なく基礎代謝の低い身体になっている可能性が大きいようです。
そのようなタイプの人は基礎代謝をアップさせる事が重要になってきます。

「食事問題型」にあてはまる人は、脂肪を摂り過ぎている傾向にあるそうです。
過剰なエネルギー摂取により皮下脂肪を増やし、塩分の摂り過ぎでむくみやすい体質になっている可能性があります。
このタイプの人には低カロリーの和食が適しており、むくみのある人は意識的に水分を多く摂るようにする事が大切なようです。

「運動不足型」にあてはまる人は、基礎代謝を低下させる原因でもある筋肉量の少ない人が多いそうです。
このような人は日常生活でまず身体を動かす事を意識するようにする事が大切です。

「環境要因型」にあてはまる人は、冷暖房の整い過ぎた環境や、矯正下着を過剰に使用していたり、ヒールの高い靴を長時間はいているなど自律神経のバランスがくずれている事がセルライトを増やす原因になっているようです。
これらのタイプの人々は身体にとって不自然なことをなるべくやめて、自律神経を整える努力をするのが良いそうです。

下半身痩せを妨げるセルライトができた原因はひとつではないようです。
まずそれを知ることでセルライトを減らす第一歩になるのではと思います。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。