脂肪燃焼と有酸素運動

体に貯め込まれた脂肪を燃やして引き締まったプロポーションをつくるためには、食生活の改善によるダイエットだけではなく運動が必要となります。
また運動不足の解消はインシュリンの分泌を抑える効果も持っているため、ダイエットにも役立つということができます。

ダイエット中に意識して行いたい運動としては、筋肉を増やす運動や、脂肪を燃焼させる有酸素運動などがあります。
いずれの場合も、ダイエット中に行う場合には、体に負担がかかり過ぎないように注意する必要があります。

有酸素運動とは、エアロビクスやジョギング、ウォーキング、長距離の水泳など、体脂肪を燃やすのに最も適していると言われる運動です。
脂肪を分解するためには十分な量の酸素が必要ですが、体脂肪が燃焼するのは運動開始後約20分くらいからのことになるため、有酸素運動は、ある程度長い時間続けることが大切となります。

体の中に蓄積されてしまった脂肪をエネルギーに変換して消費するためには、一連の手順があります。
ダイエットサプリメントとして有名な「L−カルニチン」は、この脂肪燃焼の手順の中の、特に重要な部分に関与するものです。

脂肪燃焼というのは、筋肉細胞内にあるミトコンドリアで起こる現象ですが、ブドウ糖や遊離脂肪酸などは二つの膜を通過して、二重構造になっているミトコンドリアの内部に入る必要があります。
L−カルニチンは、これらのブドウ糖や遊離脂肪酸などをミトコンドリアに連れていく役目を果たすものであるため、ダイエットの重要なサポーターであるということができます。

ダイエット中の生活に積極的に取り入れたいのが、この有酸素運動です。
運動を終えた後も、体の中ではじわじわと脂肪が燃焼し続けていくことになるため、有酸素運動は朝一番に行うのが効果的といえます。

栄養バランスのとれたダイエット食と有酸素運動を、毎朝の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。