ダイエットと栄養

食事面の改善は、ダイエットに取り組む時には避けて通れないものです。
健康的なダイエットを達成するためには、適度な運動と共に食生活の改善が重要です。
極端な食事制限は健康を害するだけでなく、リバウンドの原因となって結局太ってしまったり、ストレス源になって精神に悪影響をきたすことになります。
体重を落とし、かつ健康になって豊かな心を手に入れるためには、まず食生活を改善するところから始めましょう。

まず食事面では、ビタミンを含む野菜やミネラル豊富な海草類を多めに摂取しましょう。
野菜はカロリーが低く体に必要な各種栄養が豊富で、食物繊維がお通じをよくしてもくれます。
サラダは体を冷やしてしまうこともありますので、生で食べるよりも、温野菜を中心にて食べましょう。
しかし健康的に生野菜サラダを食べても、どっさりとドレッシングをかけてしまっては逆効果です。
ドレッシングは油が多く含まれています。
ドレッシングは控えめに、どうしてもドレッシングがほしい時はノンオイルドレッシングにしましょう。

パンやお米を断つ人もいますが、炭水化物のない食事は低血糖のもとです。
ある程度の筋肉を作って脂肪が燃焼しやすい体を維持することも大事です。
筋肉を作るには肉類でも特にささみ、そして大豆加工製品や豆製品です。
筋肉を作るためには、炭水化物を燃料にして脂肪を燃焼させなければなりません。

肉類の油脂分や魚の脂は摂りすぎはよくありませんが、体を作るために必要なたんぱく質が豊富に含まれています。
肉類を摂らず筋肉が作られなくなると健康によくないですし、基礎代謝が上がりません。
青魚の脂には血液をサラサラにする効果のあるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)などの不飽和脂肪酸が豊富に含まれていて、魚介類は貴重なタンパク源です。

ダイエット中だからこそ、バランスの取れた食事を取る事が大切です。
油を使わない調理法を工夫することも大事です。
蒸し料理や電子レンジなどでの加熱調理、煮物などを作ることで摂取する油の量を減らすことができます。
最近では調理の油をスプレーで吹きかけて量を調整するグッズも人気です。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。