肥満と生活習慣の関係

「肥満」とは、長年の間違った生活習慣によってひきおこされるものであるという考え方があります。

そのような肥満を解消するためには、単に摂取カロリーを減らすダイエットをするだけではなく、自分が肥満状態に陥ってしまった原因を見つけ出しその対策を立てることが重要となってきます。
正しい生活習慣を身につければ、ダイエットの進行にもきっと役立つはずです。

では、ダイエット中の正しい生活習慣とは、どのようなものでしょうか?
まず、朝、昼、夜の1日3回、なるべく決まった時間に食事を摂ることです。
それぞれの食事のバランスは、エネルギーが必要となる朝食と昼食はしっかり、そしてそれほど多くのエネルギーを必要としない夕食は軽めにするのが良いでしょう。
食事はよく噛んで、ゆっくり時間をかけて摂ることが大事です。

当たり前のことですが、ダイエット中は食べ過ぎに注意しましょう。
アルコールなどの嗜好品や間食も、ダイエットのためにはできるだけ控えたいものです。
精神面においては、ダイエットの大敵であるストレスに注意する必要があります。
ストレスはダイエットどころか過食の原因ともなるものですから、決してため込まず、自分なりの方法で適宜解消していくことが大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。