太る理由

太るのは、「排泄の量よりも、摂取している量が多いから」というのが一番の理由です。
とはいえ全てがその法則に集約されるわけではありません。
小さい時から太り気味な人もいます。

太る理由の一つに「肥満細胞」がありますが、これは大体幼児期までにできあがるそうです。
子どもが喜ぶから、欲しがるからといって、安易に大好きなお菓子やカロリー過多な食品を与えすぎてはいませんか。
大人になっても痩せにくくなります。
このことを逆手に取って、肥満細胞を少なくしておくことができます。
子どもの頃にカロリーを取らなければいいのです。
太りにくく、痩せやすい体質になります。 

太る原因として他に遺伝的な要因もあげられています。
家族揃って太り気味な家は少なくありませんが、これは似たような食生活を送っているとともに、遺伝の可能性があると考えられています。
日々の生活の中で消費するエネルギー量が食べる量より少ないと、
行き場のなくなったエネルギーは体の中で脂肪になります。
現代人の多くは運動不足気味です。
それでいて食生活は脂質が多いので、余ったエネルギーが余計なお肉となり、痩せにくい体質を作っています。

今の自分が一番なんだと開き直ってみるのも良いかもしれません。
自分自身を素直に信頼し、自然体の自分をありのまま受け入れてあげれば心に余裕も出き、自分らしく輝いて生きていけると思うのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。