リバウンドと「生体恒常性機能」

ダイエットというのは、仕組みは簡単ですが実行が難しいものということができます。
ダイエットの最大の障害のひとつである「リバウンド」は、ダイエット効果による体重の減少が止まった時期に、ダイエットを中断してしまうことによって引き起こされるものです。

リバウンドなしのダイエットを成功させるためには、体の防衛機能のひとつであるホメオスタシス(生体恒常性機能)と上手に付き合っていくことが必要です。
人間には「生体恒常性機能」と呼ばれる一種の自己防衛機能があります。

このホメオスタシス(恒常性)が機能していると、体は日々の食事から最大限のエネルギーを摂り込み、また最小限のエネルギーで活動できるように変化していくことになります。
すなわち、体がより少ないカロリーでも生活していけるように筋肉量や骨量などを変化させたり、体重の急激な変化を抑えるように働いたり、骨からカルシウムを摂取したりするようになります。

摂取カロリーの減少や、体重の急減、摂りこまれる栄養素の変化といったダイエットによる変化に適応する能力が、この生体恒常性機能です。

ダイエットと、この生体恒常性機能とは、切っても切れない深い関わりがあるのです。
リバウンドは、生体恒常性機能が働いている状態のままで、ダイエット前と同じ食生活に戻してしまった時に起こるもので、結果として体にはカロリーがあり余る状態になります。
余ったカロリーは全て脂肪として蓄えられることになるため、ダイエット前と同じ体重に戻ってしまったり、ダイエット前より体重が増えてしまったりするのです。

生体恒常性機能(ホメオスタシス)は、1か月のうちに体重が5%以上減った時、最大限に働くと考えられています。
ホメオスタシスが最大限に働くと、どんなに摂取カロリーを減らしたとしても、体重にはほとんど変化が見られないということになり、ダイエットの挫折を招く大きな要因となっています。
ダイエットを始める前には、この点によく注意して計画を立てると良いでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。