しそ酢ダイエット

しそ酢ダイエットは、「ミラクルシェイプ」というテレビ番組で紹介されて一躍有名になったダイエット法です。

しそ酢は、黒酢(市販のもの)に、しその絞り汁を加えたもので、自宅で誰でも簡単に作れます。
作り方は、洗って水切りしたしそ(200g、 約100枚)をすり鉢などでよくすりつぶして、こし、黒酢(500ml)と混ぜて出来上がりです。
完成直後は酸味が強くて飲みにくいですが、時間が経てば味が少しまろやかになって飲みやすくなります。
毎日食後に50mlほどのしそ酢を飲むのですが、しそ酢の味そのものでは飲みにくい場合は、水で少し薄めたり、はちみつなどを加えると飲みやすくなります。
甘みをつけたり、ドレッシング代わりにサラダにかけてもいいと思います。

しその葉には、ロズマリン酸というポリフェノールが豊富に含まれています。
このロズマリン酸は、麦芽糖をブドウ糖に分解するマルターゼという酵素を抑える働きがあります。
ブドウ糖に分解できなかった麦芽糖は、体内に蓄えられずにそのまま排泄されます。
これにより、血糖値の上昇を抑えられるので、インシュリンの分泌が抑えられて、余った糖分が脂肪になりにくくなります。
その結果ダイエットにつながるというわけです。

また、しそにはα-リノレン酸という必須脂肪酸やポリフェノール、カロチン(カロテン)、ビタミンA・B1・B2・B6・C・E・K、カリウム、カルシウム、鉄分が豊富に含まれていて、血液をサラサラにしたり、免疫力を高めてくれる効果があります。
また糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞などの病気を予防するはたらきもあるそうです。

このしそ酢ダイエットは、このしその効果に更に黒酢の効果も加わるわけです。
アミノ酸による脂肪代謝アップ、利尿作用、便秘解消によるむくみ解消、血糖値の急上昇の緩和、クエン酸による新陳代謝アップが期待できます。

因みにしそに含まれるロズマリン酸は赤しそにより多く含まれていますが、青しそでも効果は充分あります。
よくドリンクが販売されていますが、名前が紫蘇酢であっても、しそエキス成分が少ないケースもありますので、購入の際には、食品の表示ラベルを見て含有量をチェックしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。