おからダイエット

おからは豆腐を作る時に出る大豆の絞りかすで、経済的で低カロリーです。
食物繊維、アミノ酸バランスの良い大豆たんぱく質、神経の機能維持に役立つミネラル、動脈硬化を防ぐリノール酸、イソフラボンなどの大豆の栄養価の高い優れた食品です。
ポリフェノール、コリン、サポニンといった成分も含まれ、抗酸化作用やコレステロールを下げる働きもあります。

ダイエットレシピにはおからがぴったりと言えるでしょう。
例えばハンバーグの挽き肉を一部おからに置き換えることで、簡単にカロリーカットとボリュームアップができます。
おからを使っておやつ作りをすることもできます。
それがおからダイエットクッキーで、レシピは単純なので手軽に作ることができます。

基本は、おから、薄力粉、卵、マーガリンかバター、砂糖、ベーキングパウダーを使います。
(おから100g、薄力粉100g、卵1ケ、砂糖大さじ2、マーガリン30、ベーキングパウダー少々入れなくても可)
レーズンやオレンジピールなどのドライフルーツを刻んで入れたり、はちみつや黒砂糖を甘味をして利用したり、すりおろしにんじんなどの野菜から甘味を摂る場合もあります。
また、ゴマ(セサミ)や抹茶を加えても美味しく、いろいろ味を変えて楽しむことが出来ます。

他の材料の分量とのバランスによってはバターなし、小麦粉なし、砂糖なし、卵なしでクッキーを作ることも可能です。
いずれも食感が少しずつことなります。
バターなしは膨らみにくく硬い感じに仕上がりますし、卵なしでは脆くなります。
紅茶やココアパウダーを生地に混ぜて焼いたり、食べるときにヨーグルトなどと組み合わせれば砂糖なしで作っても美味しくできるので、
ダイエットには向いています。
おからには独特のザラっとした食感や風味、パサパサ感があるので、クッキーにした時点どの部分をどれだけ消せるかがポイントになるようです。
パサパサ感が苦手な人はなめらかになるように、風味が苦手な人は上手く他の風味を取り入れるレシピを見つけ、自分に合った美味しいおからダイエットクッキーを作って楽しくダイエットできるといいですね。

おからダイエットクッキーは、市販品もたくさん売られています。
おやつの代わりに食べるものから食事の代わりに食べるものまでたくさんあります。


豆乳おからクッキー
無添加豆乳パウダー

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。