リンゴのダイエットレシピ

甘い物が大好きな人にとって、ダイエットはとても苦しいものでしょう。
ダイエット中とはいえ、食事の後にはやっぱりデザートが欲しくなったりするものです
ダイエットの我慢はつきものですが、ストレスをため過ぎるのも良いことではありませんから、時々は少しだけ甘いものを解禁してダイエットの励みにしてみてはどうでしょうか?

ここでは、リンゴを使ったダイエットレシピを紹介します。

【焼きリンゴ】
焼きリンゴは、ダイエット中でも少しぐらいなら食べられるヘルシーなお菓子の代表選手と言えます。
バターや砂糖を使うレシピもありますが、ダイエット中はシンプルにリンゴの風味を味わいたいものです。
リンゴには、利尿作用や腸を整える効果に加え、強い抗酸化作用があります。
そしてリンゴ酸は、疲労回復にも効果的です。

【作り方】
1.リンゴは皮付きのまま芯をくり抜き、皮の部分の所々にフォークなどで穴をあけておく。
2.くり抜いた芯の部分にレーズンを少し詰め、ナツメグやシナモンといったスパイス類をふりかけ、ホイルで包んでオーブンで焼く。

リンゴの焼けるいいにおいがしてきたら、出来上がりです。
熱々でも、冷たく冷やしても美味しいデザートです。


【ポークとりんごのオーブンフライ】
このダイエットレシピでは、リンゴとプルーンを使用していますが、
この2品はともに食物繊維が豊富なので便秘予防にも効果的です。
豚肉はビタミンB2が多く含まれており、糖質代謝を助けてくれます。
調理時間は、約35分ほどでカロリーは1個160kcal。


【材料】(12個分)
・豚ロース薄切り肉・・12枚(目安は300g)
・塩・コショウ・・・・少々
・りんご・・・・150g
・種無しプルーン・・・50g
・プロセスチーズ・・・(7〜8oの角棒状)12本
・薄力粉・・・・30g
・卵・・・・Mサイズ1個
・パン粉・・・50g
・サラダ油・・・大さじ2


【作り方】
1.りんごは薄いクシ形に切って、種無しプルーンは細切りにしておく。
2.パン粉とサラダ油を耐熱皿に入れ、よく混ぜ合わせたら、ラップなしで「レンジ強」で約6〜7分加熱し、途中で必ず2・3回混ぜる。加熱し終わったら粗熱をとる。
3.豚肉に塩・コショウをふりかけ、プルーン、りんご、チーズを芯にして巻く。
4.3に薄力粉、溶き卵、2のパン粉の順番につけて、アルミホイルを敷いておいたオーブン皿に並べ、250℃に予熱しておいたオーブンで焼く15〜20分ほど焼く。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。