バジルシードダイエット

バジルシードは 、タイ原産のシソ科オシマム・カヌムの種子のことです。
オシマムは、夏に白い小花をつける一年草で、バジルシードは、水を含むと約30倍にも膨張し、寒天状の半透明の種子になります。

ですから、体内に取り込むと、膨らんだバジルシードは、栄養分を細かい織毛(不溶性食物繊維)の中に閉じこめ、胃の中で満腹中枢を刺激して、空腹感を抑えてくれます。

バジルシードは約50%が食物繊維で出来ていて、そのほとんどが不溶性のため、体内で吸収されずにそのまま排出されます。
その際、腸内の不溶性老廃物を一緒に取り込んで、排出してくれるデトックス効果があります。
ですから便秘解消にオススメです。
これは、バジルシード4gで、レタス1個分の食物繊維の相当します。

バジルシードはシソ科の植物なので、α-リノレイン酸を豊富に含んでいます。
α-リノレイン酸は、私たちのからだに欠かせない、体内で作られず食品から摂らなければならない必須脂肪酸です。

このα-リノレン酸は体内でEPA・DHAに変換され、血中の悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やしてくれるため、高血圧予防になります。
また、ガンの発生の予防や増殖の抑制、脂肪の燃焼促進、老化防止、乳がん・肺がん・大腸がんに有効とされています。

バジルシードは、食前(30分位前)に、スプーン1杯程度を水やミルク、ココナッツミルク、ジュースに混ぜて摂取するだけです。
ダイエットによくある、空腹に耐えなければいけないストレスもほとんどありませんので、比較的続けやすいダイエット法だと言えます。

因みにチアシードとバジルシードは、似ているようで全く違う品種です。
チアシードについては、コチラをご覧下さい。

バジルシード

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。