ゲルマニウム温浴ダイエット

「ゲルマニウム」は、1885年にドイツのウインクラー博士が、銀の鉱石アルジロダイトからこの元素を分離することに成功し、発見者となりました。
名前の由来は発見者の国、ドイツの別名ゲルマンにちなんで「自由」を意味する「ゲルマニウム」と名付けられました。
ゲルマニウムは科学的には、周期律表の32番目に記された元素で、金属と非金属の中間に位置する「半導体元素」です。
半導体とは、条件によって電気を通さない絶縁体になったり、電気を通す導体になったりする性質をいいます。
光ファイバ−の素材として用いられているほか、ダイオ−ドとして整流、感光素子に用いられ、またトランジスタ−として増幅、発振などに広く用いられてきました。

ゲルマニウムには、カルシウムやマグネシウムと同じミネラルの仲間で、自然界に広く分布していますが、他の物質に紛れ込んでいるために、鉱石という形で人間の目で見ることは難しいです。

ゲルマニウムには、無機ゲルマニウム有機ゲルマニウムの2種類があります。
地球の地殻に広く分布しているのが無機ゲルマニウムで、高品質のペットボトルの製造には欠かせない触媒として無機のゲルマニウム化合物が利用されています。
また、有名サッカー選手、野球選手などが愛用するゲルマニウムブレスレットも無機ゲルマニウムから作られています。
これは、身につけると、半導体の性質より、生体電流を整える作用があり、肩こりなどを治してくれるといいます。

有機ゲルマニウムは、土中から成分を吸収して育つ植物に含まれているもので、薬用植物としてサルノコシカケ・霊芝・朝鮮人参・ニンニク・磐梯ウドなど、漢方薬や民間薬として昔から重宝されてきました。
有機ゲルマニウムは、活性酸素を消去する働き、血流を促進する働きなどから、身体のバランスを整え、発ガン抑制作用や骨粗しょう症の予防などに利くとされています。
その効能は現代医学でも応用され、応用臨床されています。

ゲルマニウムが注目を集めるきっかけとなったのが、難病を治す奇跡の泉として世界中から注目を集めた、ヨーロッパのピレネー山脈の麓に湧き出る「ルルドの泉」です。
水質を調べてみたところ「有機ゲルマニウム」が豊富に含まれていることが発覚しました。
有機ゲルマニウムは、体内で水素と結合し、酸素の代わりとなって体内の老廃物や毒素などを、大量の汗をかくことによって体外へ排出してくれます。

エステサロンなどのゲルマニウム温浴で使われるのは、有機ゲルマニウムです。
手足には、カラダ全体の2/3もの抹消神経が集中しています。
ですので、有機ゲルマニウムを溶かした42度〜43度の温水に、手と足を20分間入れるだけです。
皮膚から大量の酸素を運ぶ有機ゲルマニウムの成分が全身に循環し、短時間で多量の汗をかきます。
たった20分の温浴でエアロビクス約2時間分(約600kcal)相当の効果があると言われています。
そして汗と共に、疲労や老化の原因となる有害な毒素、余分な脂肪、老廃物が排出され、血液が浄化されることによって体質が弱アルカリ性に改善されます。

このように新陳代謝を活性化させることにより、自然治癒力を誘発させると共に、体の各器官に活発に働きかけ機能も正常になり美容にも優れた効果を得ることができます。
代謝が良くなるので、お肌が綺麗になり、痩せやすい体になります。
運動が苦手な人や嫌いな人にとってはオススメですね。


体質により個人差がありますが、一般に以下のような効果があるとされています。

・血行促進効果・・・冷え性、頭痛、肩凝り、腰痛、生理痛
・新陳代謝効果・・・ストレス発散、不眠症、二日酔い、体脂肪の燃焼
・細胞活性効果・・・肌のツヤ・ハリを保つ、筋肉の衰えを予防
・ダイエット効果・・・1回約20分の温浴で約600kcal消費し、エアロビクス約2時間分の効果
・老廃物排出効果・・・アレルギー、アトピー体質の改善を促進



ゲルマニウム温浴ボール

ゲルマニウムネックレスプレミアム

有機ゲルマニウム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。