岩盤浴ダイエット

岩盤浴とは、温められた天然鉱石(ラジウム石、ブラックシリカ、天降石など)の上に横になる、お湯に浸からない温熱浴のことです。
天然の鉱石でできた岩盤から放射される遠赤外線やマイナスイオンの作用で、汗を大量にかくことで、体内に溜まった老廃物や様々な毒素が排出されます。
岩盤浴の後は確かに体重が減少します。
これは汗が出たことにより、一時的に体内の水分が減ったためです。
その後体重はすぐに元に戻ってしまい、これは痩せたことにはなりません。

岩盤浴を行うと、体が温まり代謝が活発になります。
代謝がアップすれば、脂肪が燃え、さらに体が温まるといった高燃焼サイクルができ、体質が痩せやすくなるということです。

有害金属(毒素)がくっついている脂肪は、燃えにくい脂肪です。
有害金属を体外に出す方法は、トイレと汗で、その割合はトイレが95%、汗は3%と言われています。
岩盤浴により代謝が高まり、トイレでの排出や大量の汗により、有害物質を体外に出すことができるので、脂肪が燃焼しやすい体、すなわち、痩せやすい体になるというわけです。
ですから週に2、3回が効果的と言われています。(それ以上は体に負担がかかります)

満腹の状態だと、ゆったりとした深い呼吸や水分が十分摂れないので、排出効果もダウンしますので、少し空きっ腹程度がちょうどいいです。
また岩盤浴前にアミノ酸などのサプリメントを摂ると、脂肪が効率よく燃焼され、より汗や老廃物が出やすくなります。

岩盤浴後にウォーキングなどの有酸素運動やマッサージをすると燃焼効果がアップして効果的です。
また、岩盤浴後は水分を多めに摂ることを心がけ、食事は炭水化物や高カロリーのものはなるべく避け、1時間位たってから摂りましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。