白インゲンダイエット

白インゲン豆(大福豆、白花豆とも呼ばれ、煮豆や 甘納豆に用いられる白色の豆)には、ダイエットに効果的な成分「ファビノール」「ファセオラミン」という成分が含まれています。
因みに「ファセオラミン(Phaseolamin)」という名前は、米国ニュージャージー州の植物エキス抽出会社であるファーマケム社の登録商標語です。

炭水化物は消化酵素α-ア ミラーゼとマルトースの働きにより分解されグルコースになります。
このグルコースは血液に乗って全身の細胞に運ばれ、エネルギーを必要としている時は燃料として燃焼されますが、余ったグルコースは
脂肪として体内に貯蔵されます。

「白インゲン豆」には、このアミラーゼの働きを抑える働きがあります。
ですから、体内への糖の吸収率を下げ脂肪を蓄積するのを防ぐ「炭水化物」ブロック効果が期待でるというわけです。

以前、多数の方が、白インゲンを半生調理で摂食し、豆類に含有するレクチン(フィト・ヘマグルチニン)中毒により下痢、嘔吐症状を起こし問題になりましたが、市販されているサプリメントには問題がありません。


「ファビノール」や「ファセオラミン」のα-アミラーゼ活性阻害割合は、サプリメントの中に含まれる抽出量により違いがありますが、
ともに1g当たり、炭水化物1,000〜2,000kcal相当の吸収をブロックさせる働きがあるそうです。
しかも、筋肉量を減らすことなく体脂肪の減少と体重減をはかることが出来るそうです。

・パスタやラーメンなどめん類、ごはん・パンなどの主食が好きな方
・油っこい食べ物が好きな方
・ケーキやお菓子など甘い物が好きな方
・お酒を飲む機会が多い方
       は、食事の前に摂ると効果的です。


元々は1970年代にロバート・アトキンス博士が提唱して、一世を風靡した「アトキンス・ダイエット」(低炭水化物ダイエット)の発展版とも言えます。

ですから、ダイエット効果だけでなく、代謝の負担、生活習慣病や糖尿病のリスク管理のためにも有効ですので、生活の中に上手に取り入れると良いと思います。


・カロブロック スゴパワー

・ローカーボ ダイエット

・ファセオラミン ボディダイエット

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。