多価不飽和脂肪酸

多価不飽和脂肪酸は、体内で十分に作ることが出来ず、食事で摂らなければならない「必須脂肪酸」です。

多価不飽和脂肪酸は、一価不飽和脂肪酸よりコレステロールを低下させる働きが大きく、中性脂肪を減らす働きもあります。
また血栓を予防する働きもあります。
多価不飽和脂肪酸はカルシウムの吸収を促進するだけでなく、カルシウム損失を大幅に減少させる働きがあるため、加齢や閉経後の骨粗しょう症や腎臓結石のリスクを少なくする効果があります。


多価不飽和脂肪酸には、α-リノレイン酸、DHA、EPA、γ-リノレイン酸、リノール酸、アラキドン酸などがあります。

α-リノレイン酸…えごま(シソ)油や亜麻仁油に含まれ、脳梗塞や心筋梗塞、高血圧、癌を予防する優れものです。
アレルギー性疾患を改善する効果もあります。

DHA(ドコサヘキサエン酸)…まぐろの脂身(特に眼窩細胞)、いわし、さば、あじ、さんまなどの青魚、すじこに多く含まれます。
脳で行われる情報伝達をスムーズにし、記憶力や集中力を向上させ、脳細胞を活性化させる働きがあります。
また、がん細胞の抑制、コレステロールや中性脂肪を低くし生活習慣病からくる体調不良の予防、新陳代謝を高める、炎症抑制、視力回復、アレルギー体質の改善にも働きかけます。
また気分をリラックスさせる効果もあります。

EPA(エイコサペンタエン酸)…DHA同様、いわし、さば、あじ、さんまなどの青魚に多く含まれます。
血栓を溶かし血液をサラサラにしてくれる効果や、悪玉コレステロールという動脈硬化の原因となる脂質を減らす働きがあります。

γ-リノレイン酸…月見草油に含まれており、糖値や血圧、血液中のコレステロールを下げ、血液の流れをサラサラにしてくれます。
さらに肥満の予防や皮膚を乾燥から守る働きがあるので、まさにダイエット中の方向きの油です。

リノール酸…紅花油、オリーブ油、ひまわり油に多く含まれ、代謝を促進させる効果があります。
しかし摂り過ぎると、と善玉コレステロールまで減らしてしまうので、注意が必要です。

アラキドン酸…肉・卵・魚などの動物性の脂肪に多く含まれるので、摂り過ぎると動脈硬化や、高血圧、アレルギー疾患を引き起こしてしまうので注意が必要です。
しかし適度に摂ることができれば、血圧や血液中のコレステロールを下げる働きをしてくれます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。