一価不飽和脂肪酸

脂肪は脂肪酸グリセロールに分解されます。
脂肪酸は、さらに肉類やバターに多く含まれる飽和脂肪酸と植物油や魚の油に多く含まれる不飽和脂肪酸に分けられます。

因みに飽和脂肪酸は摂りすぎると脂質、特にコレステロールを増やしてしまい動脈硬化の原因にもなるので、摂り過ぎは体に良くありません。
一方、不飽和脂肪酸はコレステロールを減らすなど、体に良い脂質を多く含んでいます。


この不飽和脂肪酸は、炭素と水素の結合の仕方により、更に一価(単価)不飽和脂肪酸多価不飽和脂肪酸に分けられます。

一価不飽和脂肪酸の代表的なものには、
オリーブ油を筆頭にサフラワー油(紅花油)、菜種油(キャノーラ油)、米ぬか油に含まれるオレイン酸や、紅花油、コーン油などの植物油に多く含まれているリノール酸リノレン酸があります。

一価不飽和脂肪酸は、多の脂肪酸に比べ酸化しにくく、有害な過酸化物質ができにくい特徴があります。

特にオレイン酸は、善玉コレステロールを減らすことなく悪玉コレステロールを減らしてくれます。
血液をサラサラにしてくれ、お通じにも効果的なので、便秘に悩んでいる方にもオススメの油と言えます。


因みに実行するには不向きですが、摂取比率の理想的な数字は、
飽和脂肪酸:一価不飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸=2:3:2
だそうです。
ただこれは実用的ではありませんので、基本的には、飽和脂肪酸を含む食材は控えめにし、不飽和脂肪酸を含む食材を意識して摂ることを心がけましょう。
ダイエット中でも、脂質を全く食事から排除するのではなく、適度に摂り入れることも必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。