脂肪酸

「ダイエットレシピ」では、「脂肪を出来る限り摂らない」ように工夫されていると思います。
しかし、全く摂取しないダイエットレシピばかり使っていると危険です。

脂肪は分解されると、脂肪酸グリセロールになります。
脂肪酸は、さらに飽和脂肪酸不飽和脂肪酸に分けられます。
体に良い脂肪と悪い脂肪は、この脂肪酸で決まります。


飽和脂肪酸は悪玉コレステロール、不飽和脂肪酸は善玉コレステロールとも言われます。
名前からわかるように、飽和脂肪酸(悪玉コレステロール)が体に悪い脂肪になり、不飽和脂肪酸(善玉コレステロール)が良い脂肪に分類されることになります。

飽和脂肪酸(悪玉コレステロール)は、肉類、ラード、バターなど常温で固形のもので、悪玉コレステロールを増やしてしまい、動脈硬化などの原因になると言われています。
不飽和脂肪酸(善玉コレステロール)は、植物油や魚の油などの常温で液状のものに多く、体に良いものが多いといわれています。

不飽和脂肪酸は更に一価不飽和脂肪酸多価不飽和脂肪酸の2つに分けられます。
この多価不飽和脂肪酸は、体内で作ることができず、食事で摂らなければならないと言われる”必須脂肪酸”と言われるものです。


理想的な脂質の上手な摂り方は、エネルギー摂取量の一日分のうち、20〜25%を油脂で摂ることだと言われています。
例えば、一日のエネルギー摂取量が1,800kcalならば、そのうちの20〜25%が理想の数字なので、360〜450kcal分の油脂を摂るのが理想的な脂質の摂り方であると言えます。
それは、油脂にすると40〜50g相当です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。