カテキンダイエット

カテキンは茶の渋み成分でタンニンの一種のポリフェノール化合物です。
お茶の中では緑茶に最も多く含まれています。

カテキンが摂取されて小腸に入ると、そこでアミラーゼという消化酵素の働きを阻害します。
そのためデンプンなどは、分解・吸収されずにそのまま大腸へと送られ、ビフィズス菌といった善玉菌の食料となって悪玉菌を抑制します。
腸内細菌のバランスがよくなり、免疫力もアップするそうです。

またカテキンは、脂肪を燃焼させる酵素を活性化させて、蓄積されている体脂肪(内臓脂肪)を減少させる効果があります。
基礎代謝を高めてくれるので、身体を痩せやすい体質に変えることが可能と考えられます。

カテキンの持つパワーはまだまだあります。
抗酸化作用による美白・美肌、アレルギー抑制効果のほか、抗菌・殺菌作用もあり、口臭や体臭を緩和してくれるそうです。

濃い目に入れた煎茶を一日3杯〜4杯以上、毎食時とおやつ時に飲むことによって、無理のないダイエットができ、しかも失敗の原因となりやすいリバウンドの心配もありません。

何度も言いますが、水分を摂るダイエットでは、最初の1ヶ月は体重が増えることがあります。
せめて2ヶ月以上は続けましょう。



煎茶 楽天市場ランキング


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。