プーアール茶ダイエット

「プーアール(プーアル)茶」は、中国南部の雲南省原産で、紀元前より飲まれていた記録がありお茶の元祖と言われています。
雲南省は茶樹の原産地として知られ、プーアール茶も雲南省南部の少数民族ハニ族などの間で古くから利用されていたそうです。

緑茶を自然の状態で発酵させた茶葉を「生茶」と言いますが、
プーアール茶は、緑茶に(黒)コウジカビを添加し、加湿加温した環境で発酵させた「熟茶」です。
年代を経た茶葉の風味を短時間で量産できる方法として、近代大量に作られるようになりました。
殆どの場合、生茶に比べて色が濃く、暗褐色で独特のクセがあります。

プーアール茶は、天然サポニンとミネラル類を豊富に含んでいます。
また、緑茶同様カテキンが含まれるほか、プーアール茶の独特の製法により、17種類ものアミノ酸や、抗酸化物質が発生しているそうで、
肥満、脂肪の溶解、ダイエット効果、消化促進、整腸作用、二日酔い、胃のむかつき改善、血糖値の上昇を抑制、血行促進に効果があります。

更に、免疫力を強める、老化予防、癌予防、歯を強くする効果もあり、漢方薬としても飲料されています。
食事中や食後、特に脂っこい料理を食べた後に飲むのが効果的です。


楽天市場 プーアール茶
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。