冬瓜(とうがん)のダイエット効果

「冬瓜(とうがん)」は、熱帯アジア原産のウリ科の一年生果菜で96%が水分のローカロリー野菜です。
楕円形で、種類や産地によって多少の違いがありますが、育つと直径20〜30cm、長さ30〜50cmほどになる大変大きな野菜です。
淡泊な味わいで、暑い季節の食卓にピッタリの食材です。

「冬瓜」は、昔からダイエット、糖尿病、高血圧、腎臓病をはじめ、様々な病気の改善に役立つことで知られていて、中国では薬膳料理の食材として重宝されています。
特にカリウムが比較的多いため利尿効果は野菜の中でずば抜けていて、高い痩身効果があることが古来中国の薬学書『食療本草』に記されています。

冬瓜には肥満を予防するサポニンや、糖の吸収を抑制して、抗ガン作用を持つと注目されているトリテルペンなどの成分が含まれているとされています。
これらについては、現在研究が進められていますが、冬瓜が水太り以外の肥満やさまざまな症状に効果を発揮するというのは、これらの成分に由来する効果だと考えられています。

実だけでなく皮や種にも薬効があるそうなので、食生活に積極的に取り入れて、ダイエットに役立ててみてはいかがでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。