チョコレートダイエット

「チョコレートダイエット」とは、カカオ含有量70%以上のチョコレートを50g(板チョコで半分)程度を、一日数回に分けて食べることにより肥満を防止してくれるダイエット方法です。

ダイエットに使うチョコレートは、あくまでもカカオ含有量70%以上のビターチョコレートを選びましょう。
食前にチョコレートを摂れば、血糖値をすばやく上昇させ、上昇した血糖値が満腹中枢を刺激して食欲を抑えてくれます。

カカオのタンニンや食物繊維には便秘予防の効果があるため、宿便分の体重を減らすことが出来ます。

カカオバターに含まれるオレイン酸には、コレステロールを減少させる働きがあります。

カカオ豆に含まれるテオブロミンという成分はリラックス効果があるため、ダイエット中の食欲抑制によるストレスを緩和してくれます。

特にカカオポリフェノールには多くの利点があります。
甲状腺ホルモンを分泌させるため、血流が上昇し基礎代謝が高まるので消費カロリーが増えます。
脂肪分解酵素リバーゼの働きを抑え、脂肪が血液中に残るのを防ぎ体脂肪率を上げにくくする働きもあります。
更に、動脈硬化などの成人病予防・ガン予防・花粉症対策・ストレス対策にも効果的だそうです。

しかしチョコレートは高カロリーなので、取り過ぎは逆効果です。
質の良いチョコレートを決められた量だけ食べることが、ダイエット成功の秘訣です。
カカオ70%以上の板チョコ半分程度(50g)を3回に分け、3食事の20分位前の空腹時に、ゆっくり食べること。
一日3食きちんと食事を摂ることが重要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。