低炭水化物ダイエット

「低炭水化物ダイエット」とは、アメリカのロバート.C.アトキンス博士が考案したダイエット方法です。

炭水化物摂取量を制限することで血糖値をコントロールし、減量や体質改善を目指すダイエット方法です。
体脂肪を燃やしてエネルギーを作り出す活動が、同時に余計にカロリー消費になるため、食事制限の低カロリーダイエットよりも効果があります。
「低脂質ダイエット」に比べて、体に与える負担が少ないため、日本人向きのダイエット方法と言えます。

ここで注意しなくてはならないのが、脳は必要とするエネルギーをブドウ糖(炭水化物)でしか摂れないということです。
全く炭水化物を摂らないと、頭が働かず日常生活に支障をきたします。

炭水化物の量を減らすというより、炭水化物を摂る回数を減らすことが大切です。
低炭水化物メニューとご褒美食(好きな食べ物)を組み合わせることで炭水化物の欲求を減らし、減量とその体重の維持をします。
他のダイエットとは違い、カロリーを計算したりしせず、自分自身の生理的メカニズムで自然にカロリーを摂るのを減らします。

「低炭水化物ダイエット」は、本来、炭水化物中毒者のためのダイエット法です。
炭水化物があまり含まれない食べ物については気にしない、高炭水化物な食品にのみ気をつける、夜の炭水化物に気をつける、といったダイエット方法でいいそうです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。