断食ダイエット

最近のダイエットは単品ダイエットより運動を効果的に取り入れるダイエット法が注目されるようになりました。
今まで、基本的に断食ダイエットは栄養的にも健康を考えると、やってはいけないというのが一般的な考え方です。

しかし一方で、精神修行等の一環で「断食」は古くから行われている行為です。
また、今では現代の食生活のありかたそのものが疑問視されています。
現代人は、生活習慣の乱れからくる過食暴食により胃や内臓に負担がかかっているそうです。
そういった面で「断食」がダイエットとして改めて認識されつつあるようです。

断食ダイエットは厳密には、断食半断食の二つに分かれます。
前者は、断食ダイエットといっても完全に断食するわけではありません。
まず3日間位を限度として一定の水分とダイエット食品のみで生活します。
断食の本来の目的は、普段使い過ぎている胃を休ませることです。
荒れた食生活でドロドロになっている体内の老廃物や有害物質を排出するので、体質改善や健康目的になり、ダイエットに適した体になります。

断食が済んだからと普通の食事に戻ってはいけません。
食べた分だけ全て栄養を吸収してしまいます。
お粥や雑炊など胃にやさしい半断食に移行します。
つまり、断食自体はダイエットのための前準備期間と考えましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。