豆乳ダイエット

大豆を茹ですりつぶし、絞り出した乳状の液体を豆乳と言います。
「畑の肉」とよばれる大豆は、ローカロリーでありながらバランスよく栄養素を含む自然健康食品の代表選手ですね。

豆乳には、大豆とほとんど変わらない栄養素「大豆サポニン」と「大豆ペプチド」が含まれています。
「大豆サポニン」は脂肪・糖質の吸収を遅らせてくれる成分。
「大豆ペプチド」は吸収してしまった脂肪の燃焼を促してくれる成分です。

大豆製品の中でも、豆乳は「液体」ですので、固形の豆腐に比べて成分の吸収が優れています。
各成分に活躍してもらうためには、毎食前に飲むことが大切なポイントです。それによって食事の量も自然と少なくなります。
豆乳はそのまま飲んでも良いし、寒い時に暖めて飲んでも良いでしょう。
但し、砂糖や蜂蜜を入れるのはやめましょう。

今では比較的飲みやすい様々なタイプのものも出回っていますので、是非試してみるとよいでしょう。
それでも苦痛に感じるのであれば、豆乳を使ったクッキーに替えてみるのもいいかもしれませんね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。