ダイエットと脂肪

体につく脂肪(体脂肪)には大別して「皮下脂肪」「内臓脂肪」の2種類があります。
「皮下脂肪」とは皮膚のすぐ下の脂肪で、特にお尻や太ももにつきやすい脂肪です。
一方「内臓脂肪」は、皮膚よりずっと深いところ、つまり内臓の周囲に付着する脂肪です。

この2種類の体脂肪にはともに保温とエネルギーの貯蓄のはたらきがありますが、過度の脂肪の溜め込みは肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症等さまざまな成人病(生活習慣病)を引き起こします。
そこで脂肪を落とす必要があるのが「内臓脂肪」です。

「内臓脂肪」は一般的に「つきやすく、落ちやすい」という特徴があります。
有酸素運動とバランスの取れた食事を続けることで、「皮下脂肪」よりもはやく落ちていきます。
「内臓脂肪」はお腹周辺につくので、全体的には太っていないのにお腹だけポッコリ出ている人は「内臓脂肪」が多く付いている可能性があります。

おへその横の脂肪を皮膚ごとつかんでみましょう。
お腹が出ているのに脂肪をしっかり「つかめない」場合には内臓脂肪がたっぷり付いていると考えられます。
近年特に耳にする「メタボリックシンドローム」です。
心臓病や脳卒中にまで悪化する前に是非とも自分に合ったダイエット法を見つけて地道に実践していきましょう。


人気blogランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。